3月11日、東日本大震災発生の日を祭日にする

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618899.13267_533.png■3月11日、東日本大震災発生の日を祭日にする


今日、3月11日で東日本大震災からちょうど1年を迎えることとなります。犠牲になった方に心かたご冥福をお祈り申し上げます。


巨大地震により発した大津波と放射能汚染の難題が未だ解決せずに、戦後最悪の災害となりました。


被災地では現在も多くの企業や個人のボランティアの方が支援活動を続けています。一時でも早く完全に復興することを願うしだいです。


そして、支援の輪が広がるなかで、今、私たちに何ができるのでしょうか?


今日一日考えてみたいと思います。3月11日は祭日にし、国民がそういうことを考える日にするのも良いかもしれません。


東日本大震災は私たちに色々なことを問いかけたと思います。まるで神様がいて、私達の生活に対して、「お前ら、これでいいのか?」と問いかけた様です。


生き方であったり、協力することについてであったり、エネルギー問題であったり、色々と考えさせられます。


現在の被災地では、被災した商工業者のうち、22%は休業中か廃業を決め、沿岸部の主力産業だった水産加工業などの再建も進まず、約6万5000人もの人が職探しを続けているといいます。


復興を妨げる大きな要因が、地震や津波で発生した大量の"がれき"だそうです。被災地では、町中にばらまかれた状態だったがれきが、特定の場所に集められた状態だといいます。そのがれきを、どうやって、どこへもっていけば良いのか?色々な問題が起きているようです。


このがれきが片付くにつれ、心の問題と同時に、我々の震災からの復興が進んで行くのかもしれません。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/41

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年3月11日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京スカイツリーが良く見えるホテル」です。

次のブログ記事は「キャノン POWERSHOT A3400 IS」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。