40代親父が20代女性にモテるための2つのコツ

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328619765.90547_752.png先日、ドリフターズの加藤茶さん(68歳)の挙式と披露宴の様子が放送されました。46歳の年の差婚で話題になりました。新婦のご両親は、加藤茶さんよりも、はるか年齢が下というから本当に驚きです。


親爺の時代到来なのでしょうか?40代の親爺が20代の彼女をつくることなんて、これからみたら、驚きません。今回は、モテる40代になるための2つのコツをお話しします。


1つ目は、コミュニケーション能力を磨くことです。20代の女性が40代の男性に惹かれるところは、高いコミュニケーション能力です。と言っても、常時面白い話をしろということではありません。相手の話をきちんと聞けて、話題のキャッチボールがスムーズにできることが大切です。


すなわち、経験を生かした包容力のある話し方することです!高所対処から物をみた複眼力が女性を引き付けるのかもしれません。


管理職となり、多くの部下を抱える40代はどうしても、上から目線になりがちです。部下は説教くさい話も自慢話も従順に聞いてくれます。だから感覚が麻痺し、女性にも同じことをしがちです。でも、これはNGです。


20代女性にモテたいのなら、共感するように相槌を打ちながら話を聞くという、横から目線が必要です。日ごろから、横から目線で人に接する習慣を付けておきましょう。


2つ目が清潔感です。モテ40代になるには清潔感が必要です。薄毛、肌の老化、加齢臭といったような不潔感は嫌われます。きちんとして、ボディーケアとエイジングケアをする習慣も付けておく必要があります。酒臭い~、たばこ臭い~も駄目。臭くなる習慣を断ちましょう!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/21

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年3月 3日 11:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「上から目線野郎の対応方法」です。

次のブログ記事は「なぜ、ホステスは客の名前を顔を忘れないのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。