首都圏直下型地震で犯罪の多発が予想される街は?

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618899.13267_533.png■首都圏直下型地震で犯罪の多発が予想される街は?

東日本大震災から1年が経ちました。政府が首都圏直下型地震の想定震度を震度7に見直しました。倒壊、火災、液状化などについて、東京での地震対策が色々と検討されています。


だが恐ろしいのは、これらだけではありません。倒壊空き巣、帰宅難民ノックアウト強盗、車内レイプなど同時に発生する治安被害も恐ろしい...。東日本大震災の教訓を生かしたいところです。しかし、これは犯罪者も同じ...。


だからこそ、もしもに備えて、しっかりと準備が必要です。


例えば、主に規制の入る環七沿いを中心に空き巣被害の多発が予想されます。盗品ブローカーや不良外国人などが、このエリアにある現金を狙う...?民家はもちろん、店舗のレジ、パチンコの換金所、銀行ATMなど。


それと、治安の悪い場所でのひったりも警戒すべきでる。また、帰宅難民となった女性は、引ったくりとともに、レイプへの警戒も必要です。


対策として、大地震が発生しても治安がしっかりしている場所、安全な場所を知り、防災対策を頭に入れておくことです。政府が警戒レベルを高めている安全なスポットを事前に確認しておくことです。

2012年は何かが起こる?と色々と騒がれています。防災グッツを揃えたり、避難場所を確認したり、家族との連絡方法の確認など、備えあれば憂いなしです。東日本大震災を教訓にすれば、事前に考えておくべきこともあります。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/51

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年3月18日 12:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「積み立て投資 インデックスファンドから始めてみる!」です。

次のブログ記事は「男のエイジングケア ほうれい線対策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。