大きな仕事を前に動けなくなってしまったら

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328619842.99349_69.png■大きな仕事を前に動けなくなってしまったら...。

大きな仕事を目の前にし、その仕事になかなか取り掛かることができないような場合ありますよね。やらなくてはならないのは分かっていても、大きさゆえに、その仕事の前で考え込んだり、先延ばしにしたり...。


大きな仕事は誰でも心の負担となり、行動がにぶりがちになります。そんなときは、大きな仕事を分割して、負担を減らすことが有効な手段です。例えば、大切な新商品のプレゼンテーションをしなければならなくなった場合を考えてみましょう。


まずは、"プレゼンテーションをする"という大きな看板を降ろし、プレゼンの中味をじっくりと整理し検討をしてみます。すると、中には必ず"類似商品のデーター整理"のような必要不可欠ながらルーチンワークの積み重ねでできる仕事があります。


"新商品のコンセプト"などといった全力で取り掛からなくてはならない仕事ではなく、ネット検索のように強い意志を発動しなくとも済むような仕事などから取り掛かると良いです。先延ばしを回避し、すぐにでも仕事に取り掛かれます。


人間は仕事に対して常に気力を全開に保ち続けるのは難しいことです。しかし、低出力なら動き出すことができます。また、小さい仕事でもあっても手をつけていけば、その蓄積が大きな仕事を動かすきっかけとなります。


大きな仕事を目の前に動けなくなってしまったら、その仕事を分割してみましょう。小さなやる気でも着手できる仕事を見つけ出すことが仕事の効率化のコツです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/105

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年4月17日 18:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年収1000万円を獲るのは5%しかいない!」です。

次のブログ記事は「創造系仕事の時間を増やし、作業系仕事を徹底的に効率化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。