仕事ができる人ほど遊んでいます。なぜ?

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330865489.07595_879.png■仕事ができる人ほど遊んでいます。なぜ?


仕事ができる人ほど遊んでいます。仕事ができる人は、仕事ばかりしているのかと思いきや、これが現実なのです。仕事ができず、遊びもできないとは、いったいどういうことなのでしょうか?


「貧乏暇なし...」と思う人は、ちょっと考えてみると良いでしょう。仕事のできる人は、限りある1日の時間を有効に使っているのです。無駄な時間を省き、仕事時間をスリム化して自分が使える時間を生み出しています。


仕事が終わらず、残業をしたり、家へ持ち帰ったりしないので遊ぶことができるのです。


ところがそうでない人は、目の前の仕事に対して、だた闇雲に片付けようとして頑張る結果、時間が足りなくなって仕事に追われてしまうことが多いのです。仕事をやり残したことを引きずって、1つのことに集中もできません。悪循環が生まれるわけです。


仕事ができる人は、1つのことに徹底的に集中します。そして、休むときは徹底して休みます。だから、好循環が生まれるのです。そのメリハリが仕事を片付けるパワーをも生むのです。


集中のためにもっとも簡単な方法は、リセットをすること。強引にでもスイッチをオフにしてゼロの状態に戻してしまうことです。ゼロに立ち返れば、仕事を始めるときに、緊張感と集中力が戻ってきます。


例えば、デスクの上を一端片付けてみるのも良い方法です。身のまわりを片付けるというオフの時間を作ることで、頭の中がリセットされ、冷静は状態に立ち返ることができます。そういう状態であれば、集中すべきことも見えてくるはずです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/111

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年4月20日 08:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロマンスカーの回送車内で淫らな行為が...」です。

次のブログ記事は「机の上を見れば、その人の仕事が分かる!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。