Evernoteで情報の一元管理をする

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618875.35913_374.png■Evernoteで情報の一元管理をする

仕事で使う目的でも、プライベートで使う目的でもインターネット上のクラウドサービスは本当に便利です。先日紹介したSugarSynはその一例。もう1つ便利なサービスを紹介します。それがEvernoteです。Evernoteは、様々な情報をその場でクリッピングしてクラウドへ送り、いつでもどこでもその情報を簡単に検索し見ることができます。メモ的な使い方がメインとなります。


Evernoteの使い方はすごく簡単~。インターネットでアクセスして登録を済ませれば、無料版を使うことができます。Evernoteは、パソコンのファイルに相当するノートと、フォルダに相当するノートブックで構成されます。


そのノートに書き込んだり、自分のパソコンの中のデータをクラウドに転送をしたり、自分専用に作られるメールアドレス宛にメールとして送ったりすることが可能です。


とにかく何でも送り込めば良いのが特徴。検索のことを考えて、タイトルを決めるために頭を使うこともありません。送られた情報は紙のノートのように見られるのでm探すのも簡単です。また、保存時にはタグを付けることができ、これで分類や検索もできます。


保存しておきたいデータ、メール、写真、ファックスの図面、スキャンした名刺などをパソコンやスマートフォンから送って、情報も集積、管理をゆだねることができます。同期機能もあるので、複数の情報機器を使っている人であれば、情報の一元化にもなる強いサポーターです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/173

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年5月31日 07:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「名刺管理術」です。

次のブログ記事は「Evernoteでお気に入りのサイトを管理する!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。