名刺管理術

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618814.79037_350.png■名刺管理術

名刺を整理することは、人脈の整理と活用の第一歩です。まず、貰った名刺には日付を書いておきます。パソコン内のファイルの名前付けと同じで、後で探すときに役立ちます。そして、もう1つ。会った人の特徴やその時の印象を書いておくと良いです。


とくに、一度に複数の人と会ったときなど、書いておけば後で役立ちます。何か書くことでその人の顔も覚えられます。名刺の裏ではなく表に書くことが大切です。


名刺を貰ったらすぐにデジタル化をするのも有効ですが、それが面倒であれば、仕事の関係が続きそうな人とそうでない人とに分けて、名刺ファイルやトレーに別々に保管しておきます。


一度会って関係ができた人は貴重な人脈なので1年間保管します。その間に連絡を取らなかった人の名刺は破棄するようにすれば整理が進みます。


また、名刺管理をクラウドで行う方法もあります。スキャナの機種によっては、データを自動的にクラウドサービスへ送る機能を持つものもあります。自動的に時系列で並ぶので非常に管理がしやすくなります。スマートフォンで名刺を撮影してクラウドへ送るという技もあります。


きちんと文字認識されるのでデータベース化も可能です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/172

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年5月30日 07:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クラウドを活用すれば、いつでもどこでも仕事ができる!」です。

次のブログ記事は「Evernoteで情報の一元管理をする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。