不景気になると男は浮気しやすくなる?

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618875.35913_374.png■不景気になると男は浮気しやすくなる?

ある研究機関が2006年に男性2000人を対象に浮気調査をしたところ、なんと、74%が経験をしていることがわかった。不倫は、刑事罪に問われないものの、不道徳な行為として、家庭崩壊、離婚や慰謝料の請求にまで繋がる可能性があるので止めた方が良い。


ところが、高いリスクをおかしてでも不倫に走る人が後を絶たない。「不倫は文化だ!!」と言い切った芸能人もいたくらいだし...。


人間を生物学的にみると繁殖するようにできている。自分の遺伝子を残そうとする本能を持っているわけだ。この本能が、「自分が死ぬかもしれない...」と考えた場合、短期的な性交渉の相手を見つけ子孫を残こそうとする思考が働くとも考えられる。ピンチに至ったときに、「沢山の子孫を残せば、うち何人かは生き残る」という本能が働くのは自然なことのようだ。


死ぬかもしれないというと大げさに聞こえるかもしれないが、不景気、不況ということは、働く男にとっては危機的な状況だ。原始時代に狩りができなくなるのと一緒だ。「食っていけない~」と生存に危機的な状況が生まれるわけだ。


これが繁殖思考が強まるということに繋がるのではないか?生存確率が低くなり、沢山の子孫を残すために多くの異性とセックスをする戦略を本能的に取ろうしているのかもしれない?


しかし、浮気は許されることでない。「今は危機的な状況だから、本能が働いた~」なんて言い訳が通用するわけもない。苦しいご時世だからこそ、パートナーと協力して、一緒に乗り越えることだ~♪


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/132

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年5月 3日 07:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国はアダルトグッズの生産、輸出拠点」です。

次のブログ記事は「父親の浮気癖は遺伝するのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。