仕事に寝かせる時間を持たせれば、質が上がる!

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328619842.99349_69.png■仕事に寝かせる時間を持たせれば、質が上がる!

1つの仕事を一気にやり遂げることも大切ですが、重要な企画書やプレゼンなどアイデアを練る必要がある仕事は、一度に完成までもっていくのではなく、何度かに分けて作業するようにすると高品質のものができます。


完成までのスケジュールに寝かす時間を入れ込むのがポイントです。


その分作業時間を長くするのではありません。7時間かかる仕事であれば、3時間、2時間、2時間といった感じで、スケジュールを組んで3日間で仕上げるようにします。


デットラインに合わせて、一気に仕事を仕上げる方法は、緊張度や勢いでゴールまで行くことができますが、得てして急いで思いついたアイデアには落とし穴や間違いがあるものです。


また、仕事を分割して、「忘れる時間」をつくることで、次に見直したときに冷静な判断ができたり、思いがけないアイデアが浮かんできたりします。間違いに気が付いたり。


トータルでかかった時間は同じでも、仕事の品質では、分割して仕事をした方が間違いなく良いのです。この方法を実際に行う場合は、先々を見込んで余裕のあるスケジュールを組むことが必要です。


料理にも素材を寝かせる時間を持たせたりもします。仕事も寝かす時間を持つことで、味のあるものになります。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/183

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年6月 8日 07:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「頭の中を整理する方法」です。

次のブログ記事は「図解で仕事の効率アップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。