図解で仕事の効率アップ

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618814.79037_350.png■図解で仕事の効率アップ

図を描くのおが上手な人は説得力がある人だともいいます。仕事で情報を図解で分かりやすく説明し、相手を納得させる能力は、ビジネスでは大きな武器となります。


人間の脳には左脳と右脳があり、左脳は言語脳ともいわれ、連続思考と行うデジタル脳です。右脳は、感性を司り、直感やイメージでランダム思考を行うアナログ脳です。


図解の理解に直結したり、記憶に残りやすかったりするのは、この右脳の働きによるものです。また、図解力を持つということは、人を納得させるときに役立つばかりでなく、人から話を聞く時に、その内容を図にすると格段に早く理解ができます。


また、図を描くことによって、意外なアイデアが浮かんだり、考えがまとまったりします。図解することは、思考を整理して仕事のスピードと問題解決力を大幅にアップさせます。


図解は、「文字を囲む」「線でつなぐ」「矢印を入れる」ことさえできればOK。文字は情報をキーワードで、囲んだ枠自体がその領域を表し、枠が重なることで重要ポイントを示せます。また、枠と枠を線でつなげば、「関連性」「同一性」などを表し、矢印は、「原因と結果」「方向性」を表すことができます。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/184

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年6月 9日 07:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仕事に寝かせる時間を持たせれば、質が上がる!」です。

次のブログ記事は「ロジックツリーで整理すれば問題解決の糸口が見える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。