メールに使う時間を決める

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618931.46367_599.png■メールに使う時間を決める

ビジネスにおいてメールは重要な通信手段です。しかし、メールのやり取りに振り回されてしまうと、かえって時間管理が疎かになり段取りが悪くなってしまいます。


時間や場所の束縛がなく、四六時中更新できる便利さは大きなメリットですが、状況によってはデメリットにもなっ
てしまいます。


メールが来るごとに仕事を中断してメールを読み、その場で返信する人や、会話中でもメールを確認する人がいます。緊急性がある場合以外、メールは仕事の集中と効率化を邪魔するものになりがちです。


仕事の効率をアップさせるには、メールの使用にルールを設けることが必要です。仕事にもよりますが、無制限に対応するのではなく、使う時間を決め、メールチェックをまとめて片づけるようにします。仕事開始時、昼食後、帰宅前の3回で済ますことも可能です。


長いメールは双方の時間のロスとなります。簡潔な文章で送れば、簡潔に返ってくるものです。また、メール使うときは、アラーム機能OFFにし、身近なツールだけにある程度距離をおくことも必要です。


返信が遅いと不安になるタイプの人には、「拝見しました。検討します。」といった短い文を返しておくことも対策の1つです。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/212

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年7月 1日 08:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仕事、趣味、そして異性...。身体を鍛えると人生が変わる!」です。

次のブログ記事は「これが本当のプラス思考」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。