新聞はキーワードを探し重要なポイントを押えて読む

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328619842.99349_69.png■新聞はキーワードを探し重要なポイントを押さえて読む

仕事の早い人は新聞の読み方も違い、新聞から情報を得るのも早かったりします。大事なことは、新聞を全部読まないことです。新聞には膨大な情報量が掲載されていますが、そのすべてに目を通していたのでは、時間がかかります。記憶として整理し使える情報にするには量が多すぎます。


新聞は絞って読むことが大切です。まず、押さえておきたいのは、新聞がどのような情報ソースであり、その情報がどうのように使えるかという点です。


新聞が他のメディアと違っているところは、インターネットのような速報性はないですが、そこに書かれた情報には、新聞社の責任によって掲載された信頼性があります。


政府や公的機関の発表、会社トップのコメント、いろいろなデータなど不確実なネット情報よりも信頼が置けます。


新聞を情報ソースとして活用したいのであれば、そこを絞って読めばスピードがアップします。そのためには、キーワードを意識して読むことがポイントです。


例えば、見出しや文中にあるキーワードを押さえることです。「経産省の発表によると」などのフレーズを意識します。キーワードが見つかったら、集中してそのコーナーを読むようにします。スピードも理解も確実に早くなっていきます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/215

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年7月 4日 06:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「15分単位のスケジュールで効率アップ」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。