検索テクニックを上げる

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618875.35913_374.png■検索テクニックを上げる

ウェブ検索では、google独自のコマンドで効率的に情報を絞り込んでいくことができます。その1つがワイルドカード検索(部分一致検索)です。


例えば、正確な単語を思い出せないような場合、キーワードの一部を「*」にして入力します。石川啄木の「啄」という時が分からないような時に、「石川*木」のように入力をします。


ワークライフバランスという言葉が思い出せなくとも、「ワークライフ*」と入力すれば、正確な単語を含むサイトがヒットします。


ことわざや名言などを検索する場合に知っておきたいのがフレーズ検索です。フレーズをそのまま入力すると、自動的に単語に分けてAND検索をされてしまい、膨大な量のサイトがヒットしてしまいます。


こんな時はまとまったキーワードとして認識をさせるために、「"塵も積もれば山となる"」のように、ダブルコテーションではさみむと効率的に検索をすることができます。


他に、「relate:」に続けてウェブサイトのアドレスを入力すると、類似したコンテンツを含むウェブサイトを幅広く検索してくれる機能が使えます。また、検索オプションで最終更新日を「24時間以内」や「1週間以内」にすると最新の情報を探すこともできます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/218

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年7月 7日 07:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AND、OR、NOT検索で目的の情報を素早く探す」です。

次のブログ記事は「良い文章を速く書くコツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。