情報が自然に集まってくる人

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1330865489.07595_879.png■情報が自然に集まってくる人

仕事をスムーズに進め、利益を得るチャンスを逃さないようにするには、適時に的確な情報が入ってくる必要があります。

しかし、それが思うようにうまく行かず、「本社はもっと支店が役に立つ情報を送るべきだ。」とか、「営業マンは私達関発部門に必要な市場情報をくらないではないか」などと他部門へ不満をもらすことがあります。とくに、自部門の業績が伸びないときは、そういう不満が多くなります。

そんな時は考えてみてください。相手から情報がほしいという気持ちと、相手に役立つ情報を提供しようという気持ちとどちらが強いですか?

人間は勝手なもので、情報提供するより要求する気持ちの方が強いのが普通です。しかし、そういう人が多い中でも、情報を効率よく成果に結び付けている人もいます。彼らは待つ姿勢ではなく、あらゆる部門に自分から足を運び、必要な情報やデータを聞き出して、メモし、収集しています。

そして、同時に、自分が持っている情報で相手に役立ちそうな情報は気前よく提供します。テイクするだけでなく、ギブにも心がけていますから、情報が入ってきやすくなるのです。

そうするためには日ごろから他部門や社外の人たちと付き合い、多くの知り合いを作ることです。彼らが必要とする情報をどんどん提供すれば、自分に必要な情報も自然に集まってくるものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/228

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年7月18日 07:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第一印象を良くする方法」です。

次のブログ記事は「やる気が出ない時、とりあえず取りかかってみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。