やる気が出ない時、とりあえず取りかかってみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328619842.99349_69.png■やる気が出ない時、とりあえず取りかかってみる

仕事を進め、ミッションを成し遂げる課程で、障害にあたることもしばしばあると思います。障害を乗り越えるためには、やる気を持続しなければなりません。

「人参を鼻先にぶら下げる」、「仕事のやり方を変えてみる」などやる気を出す方法は色々とあります。しかし、いったん萎えてしまった場合、やる気を復活させることは本当に難しいものです。

一度止まってしまったエンジンを再起動させるには大きなパワーが必要です。こんな時無闇に落ち込んだり、自分を叱咤激励してもあまり効果はありません。

やる気がまったく見いだせずに、どんな行動もしたくないというのであれば、精神医学的にもよくない状態です。欝ぎみの人間に「頑張れ」と背中を叩くことが逆効果のように、無理矢理、空元気を出しても良いことはありません。休養と環境の転換が必要です。

そこまで行っていない停滞であれば、「とりあえず取りかかってみる」という方法が効果的です。これには脳は体についてくるという裏づけもあります。

つまり、どんなことでも行動を起こすことで脳が反応し、徐々にその仕事が有意義で面白いという感覚が生まれてきます。「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」という格言の世界です。

やる気が出たから仕事をするのではなく、仕事をするからやる気が出るのです。ストレスを上手にコントロールできる人間は仕事もできる人です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/229

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年7月19日 07:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「情報が自然に集まってくる人」です。

次のブログ記事は「「あと10分」で能力が大きく変わる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。