「あと10分」で能力が大きく変わる

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328619765.90547_752.png■「あと10分」で能力が大きく変わる

同じ仕事を、同じやり方でしていても、先輩のAさんや同期のBくんの方が成果が上がっています。これはなぜなのか?

そんな悩みを持つ人に参考になるエピソードがあります。アメリカの第20代大統領のガーフィールドが大学生の時、クラスメートに数学の成績がめちゃくちゃ良い学生がいました。

負けず嫌いのガーフィールドは、彼を追い抜こうと猛勉強を始めました。しかし、どんなに努力をしても、数学の成績はいつもその学生の方が上でした。

ある晩のこと、ガーフィールドが勉強を終えてベッドに入ろうとして、何気なくその学生の部屋に目を向けると、まだ明かりがついていました。

「いったい、彼はいつまで勉強をしているのだろう?」と、明かりが消えるまで観ていたところ、10分ほどして暗くなりました。

ガーフィールドは、「そうだ、この10分間だ!」と思わず膝を叩きました。ガーフィールドは次の夜から、10分間だけ寝るのを遅くして、その分数学の問題を多く解くようにしました。

その甲斐があり、ガーフィールドはついにトップに立つことができたのです。10分間と意味のある時間で、この辺りで止めようという気持ちを抑え、「もう一息多く努力してみよう」ということです。

このあと一息の積み重ねが大きな差となるのです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/230

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年7月20日 07:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やる気が出ない時、とりあえず取りかかってみる」です。

次のブログ記事は「元気な挨拶と返事こそ仕事を進める活力になる!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。