今、この瞬間をを生きる

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618875.35913_374.png■今、この瞬間をを生きる

中国戦国時代の思想家の壮子の言葉に、

「来世は待つべからず、往世は追うべからず」という言葉があります。

来世とは未来を、往世とは過去を表します。未来のことを思い煩ったり、過去の辛い思い出に浸る暇があったら、今を大切にしなさい。この時間を存分に楽しみなさいという意味です。

「そんなこと、言われなくとも分かっているよ」という人がいるかもしれません。しかし、私たちは往々にして、過去にとらわれたり、先のことを心配してばかりいます。

例えば、自分の会社の売り上げが良くないときなどです。そういう日は友人と食事に行っても、今一つハッピーな気持ちになれません。

美味しい食事がでてきても、「あんな商品を仕入れなければ良かった...」「会社が業績が悪化したらどうしよう...」などと過去や未来のことばかりに意識が向いてしまいます。

すると、不安などのマイナス想念が心を覆い、料理の味も分からなくなり、友人と一緒にいても楽しくなくなります。

そんな時は、この言葉を心の中で唱えて、過去や未来へ向こうとする意識を、今、この瞬間に収束させるようにします。

「私は今、美味しい料理と友達と一緒に味わるために、このお店にいる」と自分に話しかけることです。こうすることで、過去や未来へ意識が行くにくくなり、この瞬間に意識が向きやすくなります。

今の時間を楽しめるようになり、ハッピーな時間の余韻が後まで残るため、売り上げの件で生じたマイナスの念も相殺され、心がマイナスに傾く頻度が激減するようになるのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/257

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年8月 8日 06:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウサギとカメの話(続き)」です。

次のブログ記事は「ちょっと失敗で深刻にならないこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。