やるべきことはすぐにやる

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618875.35913_374.png■やるべきことはすぐにやる

「明日ありと思う心のあだ桜、夜半嵐の吹かぬものかは」

鎌倉時代の層である親鸞の言葉です。桜の花を「明日じっくりと眺めよう」と思っていても、夜中に嵐が吹いて散ってしまうこともあります。そうなれば、せっかく楽しみにしていても、花見ができません。

人生も同じで、やるべきことを先延ばしにしてはいけません。明日をあてにしないで、今やるべきことを大切にすることです。

買い物が良い例です。新鮮で美味しそうなミカンが特売で売っていたとします。「とりあえず店内を一周して、後で買おう」と考えていると、その間に売り切れてしまうかもしれません。

「買っておけばよかった...」と思っても、もう後の祭りです。心もマイナスに傾いてしまいます。

逆に、そのときにミカンを購入しておけば、その日に食べることができます。安価で新鮮、それに美味しいとくれば、ハッピーな気分になり、心はプラスに移行します。

つまり、たった1つのことでも、やるべきことを先延ばしにするかしないかで、大きく違います。

やるべきことがあったら、すぐにやるクセをつけることです。「今日は疲れたから明日にしよう...」と考えないことです。

「思い立ったら吉日」と自分に言い聞かせ、即、行動に移すことです。そのお陰で、ラッキーな体験ができたり、思いがけないチャンスを掴むこともあるでしょう。また、すぐやることで、気分が良くなれば、前向きな気持ちになれます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/280

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年8月29日 06:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人生を楽しむコツ」です。

次のブログ記事は「ピンチはチャンス!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。