はじめは凡人でも自己鍛錬すれば偉人になる

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328619765.90547_752.png■はじめは凡人でも自己鍛錬すれば偉人になる

「仏仏祖祖、皆もとは凡人なり」

鎌倉時代の禅僧の道元の言葉です。「皆はじめは凡人であって、修行を積んで仏祖(仏法を体得した優秀な僧)となった。はじめから特別な人などいない。正しく仏道を歩めば、誰でも悟りの境地に到達することができるという意味を表しています。

その道のプロフェッショナルと呼ばれる人も、皆はじめは素人でした。素人が努力をして自己鍛錬に努めたからこそ、プロフェショナルになれたのです。スタート地点は皆一緒です。

たとえば、セールスマンもそうでしょう。新人のセールスマンは、トップセールスマンの活躍を見聞きするたびに、「自分もそうなりたい」と思います。

しかし、トップセールスマンだって、新人だった頃は、同じように「自分もトップセールスマンのようになりたい」と思っていたのです。

ただ、トップセールスマンの凄いところは、「なりたい」で終わらすことなく、そのためには、どうすれば良いのかを考え、スキルアップをするなど自己鍛錬をしてきたことです。

スポーツ選手でも、料理人でも、どんな分野の人も同じです。凄い先輩をみて、自分もそうなりたいと思っていたのです。

スタートラインは皆同じです。大切なのは、その道のプロフェッショナルになるため、どれだけ努力できるか、継続できるかにあります。才能は、その過程で開花するものなのです。はじめは凡人でも自己鍛錬すれば偉人になれるのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/282

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年8月31日 06:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ピンチはチャンス!」です。

次のブログ記事は「できないというのは、ただやらないだけ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。