マッサージでは肩こりの根本的解決にはなりません

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618931.46367_599.png■マッサージでは肩こりの根本的解決にはなりません。

性別を問わずに多い悩みが肩こりです。
肩が凝ったからと背中を揉んでもらうという人がいますが、根本的な解決方法にはなっていません。

そもそも肩こりはなぜ起こるのでしょうか?

肩こりの原因というのは、肩のまわりにある筋肉にあります。但し、筋肉痛とは別物です。
筋肉痛は運動などのよる筋肉の使い過ぎによって起こることはご存知だと思います。これに対して肩こりは、肩の筋肉の使わなすぎによって起こります。

肩こり予防のために、どの筋肉を使わないといけないかというと、肩甲骨まわりの筋肉です。肩甲骨は上半身の骨盤ともいわれます。

一昔前は、畑仕事をしたり、まきを割ったりと、上半身の筋肉を使うことが多かったのですが、現代は多くの人がデスクワーク主体の生活をしています。

そのため肩甲骨まわりの筋肉を使う機会がさらに少なくなり、そこに血液が鬱血してしまいます。それにより、肩に痛みが生じるのが肩こりです。

肩を揉んでもらった時は、この鬱血した血液が流れるので、一時的に肩こりが解消されます。しかし、肩甲骨まわりの筋肉を使っていなければ、また血液が鬱血してしまい肩こりが起きます。

ですので、マッサージでは肩こりの根本的解決にはなりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/293

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年9月10日 06:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「頭を洗いすぎるとハゲになる」です。

次のブログ記事は「困難に見舞われたら、逃げずに立ち向かえ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。