願望のデメリットの知ること

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618875.35913_374.png■願望のデメリットの知ること

サラリーマンを辞めて、本当に脱サラをしていのであれば、前向きに考え行動するべきです。でも、願望のデメリットはしっかりと抑えて起きたいところ。脱サラとか起業のデメリットを認識することも成功のために必要なこと。


昔、ある金持ちが東南アジアに旅行へ出かけました。陸経由だと山賊に襲われる危険があったので、豪華な船を用意し出発しました。


それを見た庶民たちは、「いいな。自分もいつか、ああいう船に乗ってみたいものだ」と羨ましがりました。しかし、間もなく「船に乗りたい」と誰もが思わなくなりました。金持ちを乗せた船は、嵐に見舞われ転覆してしまったのです。


この出来事からの教訓は、「物事全てに一長一短があり、利点ばかりだと限らない」ということが言えます。願望にも同じことが言えます。


「社長になればいいな」、「プロスポーツ選手になりたいな」と願っても、利点ばかりだとは限りません。社長になれば収入はアップするかもしれませんが、責任感やストレスなどで神経をすり減らし病気になるかもしれません。


スポーツ選手だって成功すれば収入が増えるかもしれませんが、競争に負けてしまったり、怪我をしてしまえば、その道を断たれてしまうわけです。


ただ、願望のデメリットをあらかじめ知っておけば、その願望が自分にとり本当に好ましいものかが認識できます。憧れと現実の差を埋めることもできます。脱サラ起業をするなら、憧れたばかりではなく、願望のデメリットも理解した上で、自分の可能性に挑戦することが大切なのだということでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/319

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年9月25日 06:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「立ち直りの早い人」です。

次のブログ記事は「脱サラを志したら、他人の意見に惑わされるな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。