願望実現には時間と努力が必要

| コメント(0) | トラックバック(0)
_1328618899.13267_533.png■願望実現には時間と努力が必要

室町時代の禅僧の一休の言葉に、「達磨(だるま)9年、仏6年」というものがあります。悟りの境地に至るまでに、禅僧の開祖とされる達磨は9年かかり、仏の開祖のお釈迦様は6年かかったといいます。そして、かなりの修行をしてそこに至ったそうです。


すなわち、何かを成し遂げるためには、ある程度時間がかかるし、労力も必要だということです。


あの豊臣秀吉だってそうです。織田信長に取り立てられ、順風に出世したかのようなイメージを持たれていますが、決してそんなことはありませんでした。草履取りから足軽に取り立られるまで、5年近くかかっています。


願望を掲げ、努力してもうまく行かないときもあります。もし、2~3年でそう思っているなら、もう少しがんばってみるべきかもしれません。あと、何年もそういう状態は続かないはずです。せいぜいあと1年や2年の話ではないでしょうか?


なりたい自分をイメージして一足飛びにいかないと嘆くには少し早いかもしれません。願望実現には、ある程度時間が必要だし、それなりの努力も必要です。しかし、ある程度の時間、それなりの努力さえクリアすれば、突然光が射してきて、願望実現へ向けて、とんとん拍子にことが運ぶようなるのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://gingami.allplay.jp/mt4/mt-tb.cgi/322

コメントする

このブログ記事について

このページは、noriが2012年9月28日 06:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分らしく生きるのが一番」です。

次のブログ記事は「上司に叱られたり、仕事で嫌なことがあったりしたら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。